おいしいおせちを作るためのコツ

subpage1

一年間で一番豪華な食事といえば何を思い出しますか。
人によりますが、多くの方はおせちと答えるのではないでしょうか。
重箱に詰めたおせちにはどんな食事にも代えがたい魅力があります。

そんなおせちですが、美味しく作るために守りたいコツがあります。

多くの料理に一番良く使われるのが出汁です。
この出汁の出来によっておせちの出来が決まるといっても過言ではありません。基本に忠実に作って上品な出汁を作るようにしましょう。
作り方はまず、鍋に入れた昆布を水に浸けておきます。

だいたい30分位が目安です。それが終わったら火にかけていきます。ここで注意しなければならないのは沸騰する前に昆布を取り出すことです。

昆布の中には旨味を損なう成分も含まれていますので、それが出ないうちに取り出すようにしましょう。

その後は中火にして鰹節を入れていきます。

おせちに関するサポートサイトはここです。

よく長い間鰹節を煮る人がいますが、それも風味を損なう原因となりますから止めましょう。

目安は鰹節が沈んで再び上に上がってくる瞬間です。



その状態になったら鍋に入っているものを濾しましょう。
これで美味しい出汁の出来上がりです。

そして、もう一つ失敗しやすい料理の代表として栗きんとんがあります。栗きんとんは素材の甘味と砂糖の甘味のバランスがとても難しいです。
コツとしては安納芋を使うこと。
安納芋はそれ自体が甘いですから、砂糖を入れる必要があまりありません。また、自然な甘さを表現できるため上品な物を作りたい時にとても役に立ちます。

これらのコツを使っておいしいおせちを作りましょう。